Blog

Latest News and Updates

Instagram(インスタグラム)からの流入をビジネスに活かす新サービスhave2have.itについて

Have2Have.itとは

https://have2have.it/
世界初のソーシャル販売サービスと銘打った、
Instagram からの流入、Eメールアドレスの収集を支援するサービス。

現状のInstagram は商品画像に商品ページへのリンクを張ることができないので、
直接購買活動につなげるのは難しい。

そこで、プロフィールに have2have.it が提供するページのURLを張り、
そこからシームレスに商品ページへつなげることで「コンバージョン率の上昇」
を図っている。

Eコマースだけでなく、単純にブログ記事へリンクする目的でも使える
ドメイン取得は2014年9月だが、ローンチがいつかは不明。

運営会社

Soldsie (2011年設立)というアメリカ・サンフランシスコにあるスタートアップ。
https://web.soldsie.com/

Eコマース(Webサイトのオーナーも含む)事業者向けに
Facebook と Instagram を活用したマーケティングツール/サービスを展開している。

Have2Have.it とは別の Comment Selling というサービスも面白い。詳細は後述。
SNS以外ではCRMや在庫管理をワンストップでできるサービスを提供しているらしいが、詳細は不明。

資本金は $4,000,000。11の投資家(エンジェル)から獲得している。
https://angel.co/soldsie

CEO

Chris Benett氏。大学生で企業し、多数のスタートアップに関わるアントレプレナー。
経済学の学位(B.S)を持つ。
ソーシャルの変化やイノベーションを起こすことに情熱を注ぐ。
Soldsie の前は LiquidBooks というスタートアップを立ち上げている。

http://web.archive.org/web/20060212070200/http://liquidbooks.net/

Have2have.itのサービスについて

どんなページが提供されるのか

have2have.it は Instagram に近い見た目・操作感の、
「商品ページへのリンク付きの写真ギャラリーページ」を提供
する。
サンプル: https://have2have.it/dailylook

・ページのトップにはユーザー登録フォームが設置されており、メールアドレス収集にも利用できる。
・管理画面として、画像の投稿画面、顧客データ管理が利用できる。

メリット

利用することで、コンバージョン率がアップが期待される。
具体的には滞在時間が50%伸びたり、クリック率が87%にも上がることが計測されている。
広告と違い、安価なコストで効果が期待できる。

購入フローの改善

Have2Have.it を利用しない場合

  1. Instagram フィードを開く
  2. 気になる写真がある
  3. アカウントページを開く
  4. アカウントページから本サイトを開く
  5. 商品を探す
  6. 商品ページ
  7. 購入

特に公式サイトなどにリンクしている場合、「トップページ」>「商品一覧」> …
といったように延々と探すハメになりかねない。

Have2Have.it を利用する場合

  1. Instagram フィードを開く
  2. 気になる写真がある
  3. アカウントページを開く
  4. have2have のリンクをクリック
  5. 気になる写真を見つけてタップ
  6. 商品ページ
  7. 購入

ステップ数は同じだが、 (5) の商品を探すところが断然楽になる。
使い慣れた Instagram 風の画面でもともと気になっていた写真をもう一度探すだけ。

価格

30日間無料で体験可能(クレジットカードも不要)。
その後はクリック数が 0〜49 であれば無料で利用できる。
以後は 499 クリックまで月額 $5 、以後、最大 $300(3,000クリック以上)まで段階的に上がっていく。

https://web.soldsie.com/pricing/

その他の機能

  • スケジュール投稿
  • 一つの投稿に複数の商品をひも付け可能
  • Shopify とのデータ連携

http://new.soldsie.com/how-it-works/

Comment Selling について

事前に Soldsie へ登録しておくことにより、
Soldsie と連携したFacebookページやInstagramアカウントの投稿に
「Sold」とコメントするだけで購入できるサービス。
(正確には購入するための請求書が登録メールアドレスへ届く)

https://new.soldsie.com/instagram-selling/

個人的には衝撃的な機能。とっても泥臭い。
でも面白い。
実際に使っているのを見つけたが
コメント欄で皆が「Sold」「Sold」と書いていると欲しくなる人もいるのでは。

総括

Instagram の制限に目をつけて、
「ユーザー体験はそのままに購入させよう」という着眼点は面白い。
技術もシンプルで分かりやすい。

Instagram がリンクを貼れるようになったら成り立たないサービスだが、
今、Instagram をマーケティングツールとして使いたい!
という動機があれば有りだと思う。

またInstagram Selling のページに「The early bird gets the worm」という言葉があるが、
企業としてもそれを体現している。
シンプルな技術で素早くギャップを埋めるツールを開発できるのは素晴らしい!
将来もし、Instagram がリンクを貼れるようになっても、
また他のギャップを埋めるツールを素早く開発するのでは、と期待できる。

参考リンク

https://have2have.it/
https://www.facebook.com/soldsie
https://new.soldsie.com/press/
CEO、CTO については Team タブ参照のこと
https://www.linkedin.com/in/chrisebennett
https://angel.co/soldsie
http://new.soldsie.com/how-it-works/
https://web.soldsie.com/pricing/
https://apps.shopify.com/have2have-it
https://new.soldsie.com/instagram-selling/

kamemusicInstagram(インスタグラム)からの流入をビジネスに活かす新サービスhave2have.itについて
Share this post