Blog

Latest News and Updates

【Mac裏ワザ!実況公開】Macにはカシオの電卓並みに数々の裏ワザが存在していた。

メインで使っているノートパソコンは、Macbook Pro 15inch Late 2011, OS Yosemite, HDD 750GB 7200rpm, メモリ8GB搭載モデルです。

どういうパソコンか、簡単に言うと、
北斗の拳に出てくる南斗六聖拳「義星」の男、南斗水鳥拳の使い手「レイ」みたいな存在です。分かりにくい!

ま、2年経ってもバリバリ現役で使えるノートパソコンですわ。

で、これがですね。

世にゆう、セカンドインパクトにみまわれました。

先週金曜日に。

DSC_0320
オシャレな壁紙ちゃうっちゅうてんやろがーっ!!

す、すみません。
写真見るだけで未だに取り乱してしまいます。

この記事は僕と同じくApple好きに捧ぐ。

こんな人↓に読んでいただけたら幸いです。
・パソコン使うのは仕事のみ
・Mac良さげやけど、すぐこわれんちゃうん?
・アップルケアってなに?
Macbookに何かあったら、自分よりも先にMacbookを心配してしまいそう…

何だか最後の一つは完全に本末転倒していますね。

Macbookの心配より、自分の心配より、クライアントに迷惑がかからないかどうかを心配しましょう。。。

あ、してる?

すみません。
もちろん僕もです。よ。。

【筆者注釈】セカンドインパクトとは、Macbookの2度目の故障のこと。

◼︎結果からいうと…

これ結論から言うと、

「2年前に買ったMacbookがほぼ新品に!アップルケアありがとう!」

です。

前回(2014年春)のファーストインパクトでディスプレイと中身の何かボード?とを新装したのでした。その時はデータ復旧ソフトを買って、8時間くらいかかってハードディスクからデータを抜き出し、Mac内のデータを一気に整理整頓できたのは昨日のことのようですね。

で今回のセカンドインパクトによって、MacbookProがさらに新品状態になり、
さらにさらにパワーアップしてしまうというサプライズ付きでした!!!

2年間のアップルケアが失効する60日前のラッキー…

いや、あかんラッキーゆうたらあかん。
すみません。

ま、ラッキーでした!

◼︎使用状況について

仕事でほぼ毎日使っています。
やってることは大きく2つ。

1つ目はWEB制作に付随すること。
2つ目は講師・WSに付随すること。

もしも僕が普段使っている使っているソフトが
気になるという稀有な方は、こちら

たぶん仕事の効率を上げるために
そうとう厳選されています。

毎日使っているMacbookが、どーかしてるぜ!って
なったら以下裏ワザを試すと良いみたいです。

アップルケア入っていない人、
保証期限が切れた人は、
是非試してみてくださいっ!

自己責任で…汗

ちなみに僕はハードウェアギークじゃないので、
もっと詳しい説明が知りたい電気回路マニアな方は
検索キーワードを見つける気持ちで読んでくれたら幸いです。m(_ _)m

◼︎今回の事件について

それは、突然でした。
月二回金曜日の18:00〜から講師として登壇させていただいている
「ビジネスモデル講座」の準備をしていたら、急に画面が真っ暗に。

あら?と思い、起動スイッチを長押しして電源をオフ。
そしてもう一度、電源を入れる。
いつも通り表示されるアップルマークの後のログイン画面。

ログインして、2~3分使っていると今度は、突然ビープ音が鳴り出しました。
ビープ音って、大昔のファミコン的な機械的な音。
おもちゃのシンセサイザーみたいな音です。

ビー、ビー、ビー、、、、
ビー、ビー、ビー、、、、
ビー、ビー、ビー、、、、

鳴り出したと思ったら、画面上に真っ黒なストライプがダーっと入って、横シマ模様っていうんですかね。画面見れません。キーボードもパッドも反応しない。

講座開始まで、1時間!
やばっ!!

ってことで、アップルケアサポートに電話です。

◼︎アップルケアサポートの指示でMacbookの裏ワザを試す!

ビープ音が3回鳴るのは、ハード(部品)に問題があることを示唆しているそう。要するにOSやソフトウェア関連の問題じゃないってこと。つまり、工場行きが濃厚…という。。。

で、電話越しの紳士淑女なサポーターの指示で、
Macbookの裏ワザを試しました。

◼︎一つ目は、SMCリセット

(1) 電源を切った状態で、電源ケーブルを接続
(2) キーボードのcontrol + shift + option と 電源スイッチ 全部長押して10秒以上待機
(3) ボタンを同時に離す
(4) 普通に電源を入れる

これで、電源周りに帯電してしまっている不要な電流を一旦解放することができるんだそうです。これと同じような効果は、電源を切って電源ケーブルを抜いて16時間以上放置するだそうです。

これによって?ビープ音が鳴るまでの寿命が延びたので、
この日のデータをフラッシュメモリに移して、
別のPC(つまりWindows!)でプレゼンを乗り切りました^-^;

◼︎翌週月曜日。2つ目の方法、PRAM・NVRAMリセット

(1) 電源を切って、電源ケーブルを指す
(2) command + option + P + R + 起動スイッチ 長押し
(3) 2回起動音がなったらボタンを全部離す
(4) 3回目の起動音の後に、OSが立ち上がります。

これはメモリ(HDDじゃないっす)を初期化して、起動する方法です。
もし不必要にメモリを食っているタスクがあってOSが落ちるという場合は、この方法で解決するってもの。

これ、無理でした。

よって、工場に持っていく or OSの再インストールが必要ということになりました。

どちらにしてもHDD内のデータが初期化されるので、データをサルベージしましょうってことになりました。なぜなら、、ちゃんとバックアップを取ってなかったからです〜。自滅(*_*)

そこで、

◼︎3つ目の方法、ターゲットディスクモード起動。

(1) 電源を切って、電源ケーブルを指す
(2) キーボードのTを押しながら、電源スイッチを押す
(3) これでディスプレイが白く光り、その上に三角形のマークが表示されます
(4) ThunderboltケーブルでiMacと接続する

これはOSを起動せずに、Macbookを外付けハードディスクとして起動するものです。
何気に便利。
正常にターゲットディスクモードで機能したら、iMac上に外付けハードディスクとして表示され、データを出せるんですが、表示されませんでした。(マウントされていないって表現になりますね)

困った。

◼︎4つ目の方法、iMacを操作して、MacbookのHDDに対して「ディスクの修復」を行います。

(1) 上記の状態で、iMacのアプリケーション>ユーティリティー>ディスクユーティリティを起動
(2) 画面左側に「Macintosh HDD」という表示が2つ。1つ目はiMacのHDD、2つ目がMacbookProのHDDです。
(3) 2つ目のMacintosh HDD(対象となる項目は、インデントで下がっている項目なので上から数えて4つ目ですね)をクリックして選択し、画面右側のディスクの修復ボタンをクリック
(4) しばらく待つ。

これでうまくいけば、HDDが正常にマウントされて、晴れて外付けハードディスクとして認識され、データをサルベージできます。ちなみに「ディスクの修復」でHDD内のデータが削除されることはありません。

が、エラーが出て修復が完了しない。

◼︎よって、5つ目の方法、セーフブートモードで起動。

(1) 電源を切り、電源ケーブルを指す。ThunderboltやUSBなどは全部抜いておきます。
(2) キーボードのShiftキーを押しながら、電源スイッチを押す
(3) アップルマークが表示され、しばらくするとOS起動。

これ、OSを最小限の状態で起動するものです。Macbookでハードワークしている人は月に1回くらいは、セーフブートモードで起動、すぐに再起動すると、動作が軽くなったりします。

これでうまくいったんですよね。

Macbookに外付けHDDのUSBを指してデータをサルベージしました。3-5の作業はTime Machine で定期的にバックアップを取っていたらやんなくて良いんですよ。あーコレからはちゃんとTime Capsule を活用しよ。

HDDデータのバックアップが取れたので、

◼︎次に6つ目の方法、別のOSで起動する。

(1) 電源切る
(2) command + R + 起動スイッチ
(3) しばらくすると選択肢が3つ出てくるので、OS起動をクリック

Macbookには、いつも使っているOS以外に、影武者的なOSが内蔵されています。OSがピンチの時にやる方法がこれ。

はい、起動しませんでした〜

◼︎最後に、7つ目の方法、Starting Internet Recovery。

(1) 電源切る
(2) command + option + R + 起動スイッチ
(3) 地球のマーク登場っっっっっ!!!!

これは何か不明です。ネット経由でアップルケアのスペシャリストさんが何とかしてくれそうなネーミングですよね。でも結局、地球の先に進めませんでした。

「Macbookに表示される地球は白かった!」
です。

◼︎工場送り、決定。

翌日、ヤマトさんが回収に来てくれました。
このヤマトさんのMacbookを回収・配送するダンボール梱包材が特許出願してて、すっごい効率的なデザインなんですよね!
いや〜、この梱包ステキ。

えっと、また機会があれば、梱包についてレポートします…
僕の沖縄時代の友人「ダンボール博士」に捧げるために。

◼︎そして、サプライズ!

翌日、工場から連絡があり、修理がストップしてるとのこと!

またもやアップルケアに電話。
話を聞くと、
「急ぎの修理とのことで優先的にやってるんですが、
もともと入っているHDD 750GBが工場に在庫無いんです」
とのこと。

さらに続けて
「すみませんが、1TBのHDDでも宜しいでしょうか?」

なんですとー!!!!

『ハイ♪』と答えました。

結果的に、HDDの新装と中身の何かボードの新装です。

もはや新品やないか。

しかも、送料・サポート料・交換機器費・修理費の全部が無料!!

いや、無料じゃないですけどね。

でも2回の新装修理で、2年間のアップルケア料金、
2.3万円の元は取った感ありますよねぇ。
元値は30万弱ですから。

HDDは750GB 7200rpmから、
1TB 5400rpmになりました。

ん?5400?
読み込み書き込みがちょっと遅くなる?と思ったんですが、
どうやらスピードはそんなに変わらない上に、
5400rpmの方が回転数が低いので発熱が低く抑えられる。
7200rpmよりも熱持たないので、ハードの負荷が下がり、
結果、長持ちすると思いますよ〜とのこと。

春夏は、冷却ファンが唸ってたもんな〜

◼︎まとめ

ということで、まとめ。

・アップルケアは入るべし
・PCの不調を感じたら、まずアップルケアに電話すべし
・アップルはサポートでファンを!信者を!育てている
・Macbookは、スタイリッシュでカッコ良いだけでなく数多くの裏ワザでユーザーを守っている(結果的にアップルも修理費を抑えられるんだよね)

安心・安全なパソコンライフ、もとい!
安心・安全なMacbookライフを!

◼︎余談…
余談ですが、この文章は、iphone5とApple純正キーボードをBluetooth接続して書いております。漢字変換しづらい。

そして、本業の仕事はというと、自宅にあるiMac 27inch Late 2013、メモリはとりあえず16GB、グラボはええ感じのんを使ってます。

これ以上、クライアントに迷惑は絶対にかけられへんねーん!

ってか、5k出たな〜。

それと、iMac買う時にMagic MouseではなくMagic Padを選択したんですが、それはつまり、27inchというデカディスプレイ上を行ったり来たりするマウスカーソルを指で動かすということであって、1〜2時間作業をするだけで、指先が燃えるように熱くなりましたっ!

よって、追加でMagic Mouseを買うという羽目に。

嗚呼、この無意味な出資を慰める言い訳は
「コレクター気分を味わっているんだ」と言い聞かすしかない。

kamemusic【Mac裏ワザ!実況公開】Macにはカシオの電卓並みに数々の裏ワザが存在していた。
Share this post