Blog

Latest News and Updates

【G Suite導入後】iPhoneにG Suiteで設定したメアドを登録して、送受信できるようにする。

G Suite導入のきっかけの1つに、「独自ドメインのメールアドレスをGmail上で送受信したい」ということが挙げられます。G Suite(以前は Google Apps for BusinessとかGoogle Apps for Workとかって名前でした。要するにGoogleのいろんなツールを法人が使うようにパッケージしたものです。数年前はGoogle Appsは無料で使えたのになぁ〜)、誰もが知っている大企業や公的機関などでも導入されているので信頼感ばつぐん。

なお、小さい組織の場合は、個人のGmailアカウントを設定すると、Gmailの画面で、独自ドメインの送受信ができるんですが、まぁそれはさておき。。

会社が本格的に成長期に入ったら、G SuiteやDropbox for BusinessなどのIT系のビジネスツールは、ビジネスプランに移行することが望ましいですね。なぜなら、ビジネスプランなら「社員のアカウントをある程度監視し、会社の権限が届くようにできる」からです。これ、何が良いかというと、社員を守ることに繋がるからなんですねぇ〜

ということで、改めて「成長期に入ったIT担当者がG Suiteで社員のメールアドレス(アカウント)を設定した後に、社員の方々がiPhoneにメールアドレスを登録する方法」です。ながいっ!

本家のヘルプ

まずは、一応、Googleのヘルプです。
「モバイル端末で G Suite を使用する」
ここにiPhoneやAndroidなどの設定方法があります。

その中のiPhoneの設定はこちら
「iOS で G Suite のメール、カレンダー、連絡先を使用する」
https://support.google.com/a/users/answer/138740?hl=ja

ただし、この方法って「Google アプリ」をインストールすることが前提なんですよねぇ。メール管理アプリをいくつもインストールするのって苦痛じゃないですか。なので、メール管理アプリをね、例えば「INBOX」とかを使っているなら、それで設定するのが吉。

ですが、善良な一般人たる私たちビジネスマン(非ITオタク)は、iOSの純正アプリが良いんですよ。ええ。なので、iOSの純正アプリでG Suiteの設定を行います。

G Suite x iOS純正メールアプリの設定手順

(1)iPhoneの「設定」アイコンをタップして、少し下がったところの「メール」をタップ
げっ、11%!急いで充電開始…

(2)「アカウント」をタップ

(3)「アカウント追加」をタップ

(4)Googleのロゴをタップ
おぉ、1%回復っ!!

(5)Googleにログインする画面になるので、G Suiteで設定した「メールアドレス」を入力。
13%、はやっ!こちらの作業が遅いと思えるくらい高速充電中っ

(6)パスワード入力画面なので、G Suiteで設定したパスワードを入力。

(7)パスワード入力したら「次へ」をタップ
って言ってる間に、バッテリーが1%回復っはやいぞiPhone♪

(8)メールアドレスとパスワードに入力の間違えがなければ、こんな画面に。「保存」をタップ。

(9)保存後、メールアカウント一覧画面が自動的に表示されます。
一覧の中に、先ほど追加したアカウント(メールアドレス)があることを確認!
以上です!!

わずか2分で作業が終了…その間、5%もバッテリー回復。いやぁすごいです、iPhone。

ちゃんと設定できているか確認する手順

料理の上手い人と下手な人の差は「味見をするかどうか?」です!(自論)
ということで、早速、メールアドレスが正常に動作しているかどうか確認です。

(1)「設定」>「メール」>「該当アカウント」をタップして、アカウントの詳細を表示。
前の画面の続きなので、あいかわらず充電が…

(2)「アカウント」をタップしたら、こんな画面に。STMPサーバー(送信サーバー)やIMAPサーバー(受信サーバー)は自動で設定されているので、細かな設定は不要です〜

(3)iPhoneのホームボタンを押して、「メール」アプリを起動します。
おぉぉ、壁紙が…そしてメッセージが…相変わらず充電が…

(4)メールボックスの一覧を表示すると、新規追加したメールアドレス発見。

(5)正常に設定が完了していたら、G Suiteの「初期状態のメールボックス」が表示されます。こんなメールが来てます。

(6)では、受信メールチェックです。G Suiteにアカウント登録をしたら、初期設定として「テストメールアドレス」が用意されています。エイリアスメールといって、詳しくはググっていただくとして。

<iOS純正メールアプリで、G Suite設定した後「受信テスト」をする方法>
・別のメールアドレスから、「テストメールアドレス」に、適当なメールを送る。
・iPhoneのメールアプリを開いて、該当アカウントのメールボックスに、先ほどの適当なメールが届いていたらOK!

ちなみに、テストメールアドレスはこんなのです。

username@yourdomain.test-google-a.com
例えば、test@hogehoge.comというメールアドレスなら
test@hogehoge.com.test-google-a.com

* username@yourdomainの部分は、通常のメールアドレスですので、
自分のメールアドレスの後ろに、test-google-a.comと付けて送信するとOK。
* テストメールアドレスが不明な場合は、G Suite管理者に問い合わせること。
* テストメールが受信できない場合、(0) 受信までに時間がかかっている、(1) テストメルアドが間違っている、(2) iPhoneの設定がおかしい、(3) G Suite、その他の設定に問題あり?の順番で、調査確認をすることをオススメしたいっす。

ということで、本日の学びは、高速充電だなぁ〜ということ。

ではなく、
約7分で、G Suiteで設定したメールアドレスを「iPhoneのiOS純正メールアプリに設定」し、「メールの送受信テスト」まで完了させて、ビジネスメールをiPhoneでバンバン送受信できるようになるということでした。

ぜひ、試してみてくださいませ。

記事書くのに1時間か。。。早いのか遅いのか分からんす。

kamemusic【G Suite導入後】iPhoneにG Suiteで設定したメアドを登録して、送受信できるようにする。
Share this post