デザイン思考

そもそも「考える」について考えなければ、考えていないのと同じじゃないの?って思ったのですが。

上司:「ちょっと考え過ぎちゃうか?」
新人:「いやでも自分頭悪いんで…」

上司:「ちゃんと考えたんか?」
2年目:「す、すみません。」

上司:「考えが浅いねん!」
3年目:「じゃーどうすればイイんです!ちゃんと指示してくださいよ!」

なーんて会話が今日も都会のビルジングの内でも外でも飛び交っています。

今日は「考える」ってなんじゃらほい。ということについて考えます。

ロジカルシンキング的な収集・分解・整理・分類して構造化または脱構造化するといった話ではありません。もっとフワッとしていますので悪しからず。

冒頭の会話で言われてるように、一口に「考える」って言っても、まるで中身が違う気がします。

自動販売機でコーンポタージュのボタンを押したのに、おしるこが出てくるくらい中身が違う。

中身が全く違うのに、「変な味のコーンポタージュやな、、POKKAさんどうちゃったのよ。」と混乱気味の貴女(または貴方)に朗報です!

この記事を読めば、あんなにも辛く苦しく面倒くさく面白くなく誰からも認められなかった「考える」という行為が、アレヨアレヨと楽しくて仕方ない!ウキウキワクワクドッキドキで病み付き!になります。

ーーーーー

・考えるってなんやねん?
・ほんで、どうしたらええねん?
ってなことは、紀元前から人類が悩み考えてたわけで、全く同じ問題に筆者自身も悩んでおりました。

人類ってシブいですね。

さてはて、古代に思いを巡らせば、当然行き当たるのが、
「こういう問題は幾千年のうちになーんか良い答えが出てるよね。うむうむ、偉い人の話を聞こう。」と思いつくほど筆者は頭が良くないので、とりあえず安易にGoogle先生に聞くのですが、何だかイマイチよくわからない。

そんなシブい悩みを抱えつつ、それを忘れるくらい日々エンジョイして過ごしておったらば、ようやく辿り着いたってか、これはもう犬も歩けば小判を拾う的な経験をしました。そんな筆者の経験をもとに「考える」を紐解きたいと思います。

そもそも。

ありとあらゆる人が「考える」ということをやってます。と信じたいところですが、まぁ考えてない人もたまにいますよね。考えてない人のことを一般凡人な私たちはちょっと離れた給湯室で「あの人、まじ思考停止してるよね〜」とか言っちゃいますが、本来、人間は考える葦なので、思考停止しているということは人間本来の機能を使っておらんのであって、これはもはや座礁したボートです。大変です。何かヤなことあったのかしら?なんて思います。

思考停止・考えないということは、とても人間らしくない〜つまりはイキイキとしてないのです。

だから思考停止するよりは、下手でも考える方が良い。

「腕白でも良い、たくましく育ってくれたら」です。

ハムです。

逸れた話を戻します。

さぁ、最初の会話。

◼︎「ちょっと考え過ぎちゃうか?」と同僚や友人に言われることがある人。

この追求・探求タイプの人。
どうしても問題や課題を解決したいわけです。
そのために考えています。

でも、この状態はトドのつまり行き詰まっているんですね。

どうやって問題解決しましょう。。
例えば、「考えるのを止める」とか「とりあえず寝る」という方法。

アリですね!

でも、、なんだか考えるを引き延ばししてる感じがします。

結局、「解決のためにいつかどこがでまた[考える]必要がある」わけですから。

◼︎そして次に上司や親・兄弟や教師から「ちゃんと考えたんか?」と言われるアレ。

素直にすみませんが言えず、適当に「考えました!」なんて言おうものなら酷い仕打ちに合います。えぇ、筆者も幾度となく爆撃をうけました。はたまたやや皮肉っぽく「じゃあどうしたら良いんですか?!」なんて言ってしまうとダメですね。クソガキもしくはユトリの烙印を押され、こちらも悪循環のスイッチがオンです。

◼︎ちゃんと指示してくれよ!と言っちゃった人

ずばりこの方は、会社からすれば結構困った人です。
半ば、自分で考えることを放棄しているわけですから、こまったちゃんです。
社内で孤立しないか心配です。

◼︎とにかく考えるしかない!というか、考え続けた方が幸せになれます。たぶん。

・考えるって何か?
・そして、どうしたら良いのか?

※とっとと答えを知りたい人は末尾に移動してくださいませ…^_^;

それ以外の方にお聞きします。

考えるの目的は何ですか?

それは「選択肢を出すこと」です。

あ、答えいっちゃった。。。

◼︎まとめ

では、次回。

「選択肢を出すってどういう感じよ?」について、博報堂の加藤昌治氏の「考具ワークショップ」の体験談をレポートしつつ、解説を試みたいと思います!

最後までお読みいただき、ただただ感謝・感動ですっ

苦情、質問などなどはお問い合わせフォームからお願い致します!!

この記事を読む
kamemusicそもそも「考える」について考えなければ、考えていないのと同じじゃないの?って思ったのですが。
DSC_0284.jpg

デザイン思考に基づくビジネスモデル構築とペルソナ分析

顧客の意識的な行動や習慣、会話、思考や無意識的なそれらを観察・分析し、顧客の顕在化されているニーズや欲求、問題意識、不満もしくは顕在化されていない欲求を列挙し、その中からビジネスの機会となるポイントを探し出し、顧客セグメント及びビジネスの機会を策定する。

この記事を読む
kamemusicデザイン思考に基づくビジネスモデル構築とペルソナ分析